現在地
トップ > feel withPhoto < 凛として美しく!‐秋の草花たちの撮り方‐

凛として美しく!‐秋の草花たちの撮り方‐

  • feel withPhoto
  • 凛として美しく!‐秋の草花たちの撮り方‐

凛として美しく!‐秋の草花たちの撮り方‐

秋の到来を告げる、可憐な草花たち。
さわやかな秋空の下で凛として咲く姿をキレイに写し撮ってあげましょう。

もの静かで美しい佇まいの秋の草花は、わたしたちに郷愁にも似た懐かしい気持ちや静謐さをもたらしてくれますね。
今回は、秋に撮っておきたい草花たちとその撮り方のコツをご紹介します。

秋を演出する花々

秋を代表する花といえば、コスモスや彼岸花。晩夏から初秋にかけて、たくさんの“ちいさな秋の顔”を見つけることができます。わたしたちの身近に咲く、よく親しまれている花でもありますね。

コスモスは、さまざまな撮り方が楽しめる花です。花一輪をマクロレンズなどを使ってアップで撮ってもよいですし、花びらが薄いので太陽の光を透かすようにローアングルから撮るのもおススメです。また、天気がいまいちの曇り空でも、しっとりとした雰囲気の写真が撮れて、とても絵になります。

彼岸花は、深い赤色を印象的に写すことがポイント。強い光が当たっていると、花が明るくオレンジ色っぽく写ってしまい、赤い色を出しづらくなってしまうので、そのような場合は、日陰に咲いている花を探すか、カメラの露出補正機能を使って暗めに写すようにしましょう。雨の日や雨上がりも狙いめです。雨のしずくを纏った花は、とても幻想的で美しい姿ですよ。

  • txt01_img_a
  • txt01_img_b
  • txt01_img_c
  • txt01_img_d

彼岸花の見頃は9月中旬から下旬と、期間が短いので注意しましょう。コスモスや彼岸花以外にも、秋の花は身近にたくさん見つかります。金木犀は花だけでなく、香りでも季節を感じさせてくれますよね。可憐な小さな花々を被写体に、秋の写真散歩を楽しんでください!

逆光で輝きをプラス

みなさん、「秋の七草」って、ご存知ですか?キキョウやハギ、オミナエシなどは、とてもかわいらしい花を咲かせるのですが、その七草の中で、わたしたちがもっとも親しんでいる存在といえば、ススキ(尾花)ではないでしょうか。日本の秋の代名詞ともいえるススキの穂は、秋の深まりとともに開き、被写体としても、その頃が一番美しい時期といえるでしょう。

ススキや猫じゃらしと呼ばれるエノコログサなど、穂のある草花は、逆光で撮ることがポイントになります。順光で撮影すると、おとなしすぎる印象になりがちなため、穂がキラキラと輝いて見える逆光で撮るように心がけましょう。逆光は背景が暗くなりやすく、光かがやく穂を一層美しく表現することができるのです。

それから、草花だけでなく、どんぐりや栗などの木の実を被写体にしても秋らしいですね。地面の落ち葉も見逃せません。それらは、そのまま撮ってもよいのですが、ベンチの上に置いてみたり、手のひらに乗せてみるなどの演出をしても面白い写真になりますよ。色々なアイデアを写真に盛り込んでみてくださいね。

  • txt02_img_a
  • txt02_img_b
  • txt02_img_c
  • txt02_img_d

ススキやエノコログサが風になびく光景は風情がありますね。ただ、風が強すぎると被写体がブレてしまうので注意が必要です。風が止むまで辛抱強く待ちましょう。実をつけた草花もたくさんあるはずですから、注意深く観察をして、魅力的な被写体を見つけてくださいね。

木々が色づく紅葉の季節

紅葉の時期は、地域によって差がありますが、だいたい10月中旬頃になると、広葉樹の葉が徐々に色づき始め、秋も深まる11月中旬から12月初旬あたりに各地で紅葉の見頃を迎えます。撮影をする場合は、事前に目的地の紅葉状況を調べておくことが大切ですね。

晴天の日の紅葉は、逆光で葉が透けるように撮ると、色鮮やかに美しく表現することができます。木を見上げるように撮影してくださいね。逆に、天気があまりよくない日は、足元にある落ち葉が魅力的な被写体になってくれます。映画のワンシーンのような雰囲気の味のある写真も撮れますよ。

それから、色づいた落ち葉が池や川、水たまりに浮いていることがあります。水に浮かぶ落ち葉はとても風情があり、魅力的な被写体になるので狙いめです。そしてまた、池や湖では紅葉した木々が水面に映り込んだドラマチックな光景も楽しめます。これも秋ならではのフォトジェニックなシーンといえますね。

  • txt03_img_a
  • txt03_img_b
  • txt03_img_c
  • txt03_img_d

紅葉は、できるだけ見頃のピークに合わせて撮影に出かけたいものです。事前の情報収集をお忘れなく!絶好の被写体となる水辺の紅葉シーンにもぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

凛として美しく!‐秋の草花たちの撮り方‐

 

写真プリント1枚\12

今回の撮影は、withPhotoピープルでもおなじみ、フォトグラファーの鈴木知子さんにご協力をいただきました。

鈴木 知子

鈴木 知子

神奈川県横浜市出身のフォトグラファー。ライフワークとして「日々の感動を写真に」をテーマとして地元・横浜スナップをメインに撮影。withPhotoでは、withPhotoピープルとして日々の写真を公開中。

http://withphoto.jp/profile/suzucamera/

一日一枚のポストカードで綴るフォトブログ「すずちゃんのカメラ!かめら!camera!」

http://suzucamera.exblog.jp/

PHOTO/TEXT:SUZUKI TOMOKO